未分類

最近よく耳にするようになってきたDV被害、それは夫婦間以外にも恋人同士であっても存在するもので、身体的な暴力の他にも言葉による暴力、また夫婦間では生活費を渡さないといった経済的な暴力や、セックスを強要する性的暴力も含まれます。お互いが認め合ったカップルであっても、一方が嫌がっているのに無理やり性行為を行おうとすることはレイプ以外の何物でもなく、女性の心は深く傷つきます。また避妊しない、中絶を強いることもすべて性的DVとして捉えられます。人と人との関わり合いは、どんな場面においても相手に無理やり自分の欲求や考えを押し付けたり、支配しようとしたりすることは許されることではなく、ましてや一番信頼関係が必要な性交渉において、自分の意のままに相手をおさえつけようとする行為は、人として恥ずべき行動です。結婚しているから、夫婦だからと嫌がる相手を無理やり犯すなどということは、断じて許されることではなく、立派な離婚原因にもなり得ます。これほど女性の尊厳を踏みにじる行為はなく、望まない妊娠をさせられた女性は、心も身体もひどく傷つけられてしまいます。避妊をしないパートナーを持つ女性も、相手が自分のことをそれほど大切には考えていないと認識すべきです。

結婚する前にお付き合いをしていた頃は、パートナーとの仲がとても良かったという人は少なくありません。しかし、結婚をしてからしばらく時間が経つと、パートナーの様子が変わってしまったという人もいます。例えば、パートナーからの精神的暴力を受けるようになったと感じる人は少なくありません。精神的な暴力は、目で見えるものではないため、忘れられがちになることもありますが、放っておくと、問題が悪化していく場合もあるため、注意が必要です。精神的な暴力を与える人は、何か気に入らないことが起こったり、問題に対処しきれなくなると、突然怒鳴るということがあります。大声を出すため、周囲の人を驚かせてしまいます。また、周囲の人に恐怖感を与え、精神的にもダメージを与えてしまうことになるのです。その他にも、周囲の人の話を聞かずに、無視をすることもあります。パートナーと会話をしようと思っても、何も言葉を発さなくなったり、反応をすることがなくなってしまうため、意思の疎通が取れなくなってしまうのです。また、大切にしている物を捨てるという場合もあります。相手の許可を得ずに、勝手に物を捨てて、相手を困らせてしまうという場合があるのです。

最近よく耳にするようになっているDV被害、一概にDVといってもそれは身体的な暴力だけでなく、言葉のみの暴力や生活費を渡さないといった経済的暴力も含まれます。暴力とは肉体的に痛めつけるだけではなく、精神的に追い込んでいくことも立派な暴力行為とみなされます。生きていくうえではお金が必要なのに、ギャンブル三昧で家にお金を入れない、お金がないから働こうとする配偶者に仕事をさせないといった行動も、すべてDVと捉えられます。人は相手を自分の意のままに支配したりコントロールすることは許されることではなく、それは正常な思考回路とは言い難いものです。仕事をすることを希望している妻を無理やり家庭に閉じ込めさせたり、お金を持たせない、自由を与えないといった支配は、世間的に認められることではありません。どういった事情であれ夫婦間で意見が相違したのであればきっちりと話し合い、お互いが歩み寄って一つ一つ解決していくのがあるべき姿で、一方が自分の考えや感情を押し付け、相手に我慢を強いる関係は健全ではありません。こういった悩みを持つ女性はこれも立派なDV被害なんだという認識を持ち、毅然として立ち向かい自身が幸せになる道を探しましょう。

DVを起こすタイプの男性は、一見とても感じが良く優し気に見える人であることが大半です。外では非常に礼儀正しく妻を献身的に気遣う姿勢を見せるのに、一歩家庭内の閉ざされた環境に入ると悪魔のように豹変して暴力をふるったり、暴言の限りを尽くすという特徴を、ストリートエンジェル・ハウスデビルといいます。
肉体的暴力としては、殴る・蹴る・物を使って打つ・刃物などを身体に突きつける・髪を引っ張る・首を絞める・引きずり回す・物を投げつける・突き飛ばすという恐ろしい行為が日常的に繰り返されます。
被害者は恐怖感と無力感で雁字搦めにされて逃げ出す気力を失くし、加害者はそんな被害者を自分のストレス発散の道具として利用し続けるという負のスパイラルによってどんどん深みにはまっていきます。周囲の人間が異変に気付く頃には、問題が容易に解決できないレベルにまで進行してしまっている事も少なくありません。
DVの加害者は、ケガをするような激しい暴力をふるった後には、人が変わったように優しくなって傷の手当をしたり、被害者を慈しむようになります。しかしそのような期間は長くは続かず、しばらくすると再び緊張が高まり、溜まったフラストレーションを暴力へ向けて爆発させます。
自分がDVにあっているのではないかと気づいたら、すぐに相談機関へ相談することが大切なのです。

ドメスティックバイオレンスとは恋人や配偶者に向けた暴力のことなのですが、体に対する暴力だけではなく精神的な暴力もドメスティックバイオレンスになります。
例えば社会的に隔離する暴力もあるのです。配偶者の交友関係を一切遮断してしまうというものです。
異性の友達関係はもちろんのこと、元々の同性の友達と交友をすることを一切禁止してしまいます。
もしも遊びに行こうと思っても反対してしまうのです。
また実際に遊びに行くことだけを禁止するだけではなく携帯を持たせないなど全てのコミュニケーションを断じてしまいます。
この暴力の目的は全て支配したいからなのです。
自分だけの世界で閉じ込めておきたいという独占欲によるものです。
これがひどくなりますと実際の暴力に発展してしまいますのでもしも自分の行動が規制されるような兆候があるのでしたら気を付けてください。
このような規制を受けた場合には決して言いなりにならないようにしてください。
自分には自分の交友関係があり、それらを大切にしたいと主張する必要があります。
自分が言いなりになる人物だと思われてしまいますとどんどんと行動がエスカレートしてしまい、取り返しのつかないことになってしまいます。

近頃、ニュースや新聞紙面でもよく取り上げられており、深刻な結果として伝えられていることも多いDV被害ですが、やはり男性側が女性に暴力を加えることが一般的で、心や身体に深い傷を負わされている悲しい女性が増加しているようです。人が人を自分の思い通りにコントロールしようとか支配しようとか言う考えは、そのこと自体が根本から間違っているものであり、人が人の尊厳を踏みにじる行為が許されるはずはありません。こういう行動を起こすタイプの人は、俗にいう外ずらがいい人が多く、中には高学歴高収入のエリートも珍しくはなく、周囲からは全くそんな気配さえ感じさせないようなソフトな印象の方もいるようです。仕事でストレスを抱えていたり、外では我慢を強いられているような人が、家に帰ってくると一転豹変し、うっぷんをすべてパートナーにぶつけるようで、身体的な暴力から言葉による暴力まで、徹底的に相手が立ち上がれなくなるまで攻撃します。そしてその嵐が過ぎ去ったあと、泣いたり謝ったり、先ほどまで傷めつけた相手にすがったり優しくしたりと二面性を現すことが多いようです。こういった行動はもはや病気で、重症化することはあれ軽減することはまずありません。暴力を日常的に受けると、考え方も麻痺していくので、だれかに相談するなど新しい風を入れなければなりません。

保護命令とは「配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律」、いわゆるDV防止法が制定されたことで、配偶者から暴力を受けたり生命の危機を感じるような脅迫を受けた時などに家庭裁判所に申し立てを行い、行政の力で暴力から保護してもらおうという仕組みです。
具体的には被害者への接近禁止命令、子供への接近禁止命令、親族への接近禁止命令、電話等禁止命令、退去命令の5つの命令の中から被害者のおかれた状況や被害状況を考慮して裁判所が命令を下します。
申し立ては管轄の家庭裁判所に脚を運んで、簡単な書類に詳細を記入していくだけです。手数料を支払い、保護の必要があると判断されれば迅速に手続きが行われます。
申し立てを行う際に注意したいのは、以前に警察や配偶者暴力相談センターなどへ相談を行っておく必要があることです。
または公証人役場にて暴力を受けたことが真実であると公証人の前で宣誓し、宣誓供述書を作成しておくと、申立書に添付をすることが出来るので命令が発令されやすくなります。
何度も暴力を受けて耐え忍んでいる人は、一度公的な機関へ相談をしておきましょう。また、暴力を受けた日にちや詳細などをメモしておくと証拠となって自分に有利な展開へと導くことが出来るでしょう。

現代の平和な時代の日本でも、まだ女性に対して暴力や暴言を吐く人は多くいます。
そしてその実態が、ほとんどが家庭内でおこなわれるために、周囲が気がつかない場合もあり被害者の数が把握できていないのが現状です。
被害者の、多くは身の危険を抱えながら毎日を暮らしています。
誰かに相談するすべもわからずに、ただ我慢していることがあります。
どこに、行けばいいのかわからないと考えたり、また逃げても追いかけてくるかもしてないと不安になります。
精神的だけでなく、経済的にも肉体的にも追い詰められていることが原因です。
しかし、暴力は犯罪です。
相談窓口が、わからない時はとりあえず近くの警察に行き相談することです。
自分の体を、危険な場所から離す必要があります。
警察では、配偶者暴力相談支援センターの案内をしてもらえます。
もちろん、電話でも相談はできますが緊急の時は警察です。
ここでは、身の安全を守るために一時入所や色々な生活支援もしてくれます。
安全管理の立場から、この場所は非公開になり相手に見つかる心配はありません。
悩んでいても、被害が大きくなるばかりです。
自分のために、勇気をだしてここに相談するのが解決への一歩になります。

DV防止法とは、正式名称を配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律といいます。内容はそのままで、家庭内暴力から被害者である配偶者を守るための法律です。日本は男尊女卑の文化が長い間浸透してきたこともあり、女性は殴られても黙って家事をすることが美徳だとされてきました。しかしこれは立派な人権侵害です。最近では殴られるのは女性に限られたことではなく、旦那さんの方が殴られる逆のパターンも増えてきているので一概に女性のための法律というわけでもありませんが、被害者は圧倒的に女性の方が多いです。配偶者から暴力をふるわれたら迷わずに相談窓口を利用してください。はじめは少しの暴力でも、最終的にはエスカレートして殺されてしまう事件なども発生しています。警察に相談して接近禁止命令を出してもらうことも可能ですし、一時避難に利用できる施設もありますのでまずは我慢せずに自分を大切にしてください。お子さんがいる場合、その暴力を間近で見せることになり、子供にも多大なストレスを抱えさせてしまいます。お父さんがいない子よりも間近で暴力を日々見せられる方がずっと不幸なことです。子供の発育のため、自分のために行動を起こしてください。