配偶者暴力相談支援センターの概要

現代の平和な時代の日本でも、まだ女性に対して暴力や暴言を吐く人は多くいます。
そしてその実態が、ほとんどが家庭内でおこなわれるために、周囲が気がつかない場合もあり被害者の数が把握できていないのが現状です。
被害者の、多くは身の危険を抱えながら毎日を暮らしています。
誰かに相談するすべもわからずに、ただ我慢していることがあります。
どこに、行けばいいのかわからないと考えたり、また逃げても追いかけてくるかもしてないと不安になります。
精神的だけでなく、経済的にも肉体的にも追い詰められていることが原因です。
しかし、暴力は犯罪です。
相談窓口が、わからない時はとりあえず近くの警察に行き相談することです。
自分の体を、危険な場所から離す必要があります。
警察では、配偶者暴力相談支援センターの案内をしてもらえます。
もちろん、電話でも相談はできますが緊急の時は警察です。
ここでは、身の安全を守るために一時入所や色々な生活支援もしてくれます。
安全管理の立場から、この場所は非公開になり相手に見つかる心配はありません。
悩んでいても、被害が大きくなるばかりです。
自分のために、勇気をだしてここに相談するのが解決への一歩になります。